まったくのガーデニング初心者、りむのコンテナガーデン覚え書き。
プロフィール

りむ

Author:りむ
FC2ブログへようこそ!

わんことにゃんこ
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
おきゃくさま

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムーランルージュ・キャンティーが2株とも開花した。

muran4.jpg

muran5.jpg
予想どおり、両方とも紫色をしている。
本当をいうと、違う色味のほうがよかったんだけど…でも、これはこれで綺麗だから、まあいいか。
片方はやや絞りが入っているけど、もう片方は均一な色合い。最初の花だからかな?

つぼみがついてから、花が開くまでにすごく時間がかかった。
パステルのほうは買ったときに摘芯しちゃったんだけど、ちょっと失敗だったかも。今、ようやくつぼみの小さいのがひとつふたつ見えてきたぐらいなので、咲くのはかなり先になってしまいそう。


にほんブログ村 花ブログへ
スポンサーサイト
ラナンキュラスの球根が、ようやく芽を出した。

lana5.jpg
アネモネと同じく、春に買った苗を掘り上げておいたもの。
一緒に植えたアネモネのほうは大分前に発芽して、もう葉っぱがどんどん出ているのに、こちらはまったく発芽する様子がなくてやきもきしていた。
でも、これでようやく一安心。
また、今年と同じようにゴージャスなピンクの花を咲かせてくれたらいいなあ。


にほんブログ村 花ブログへ
この間ふと、このページに来てくださる方で、ガーデンシクラメンの病気やしおれで検索して訪ねてくれる方が複数いるのに気がついた。

sikura6.jpg
私もまだまだ初心者なのでえらそうに語れることは何もないんだけど、ガーデンシクラメンの葉が全体に柔らかくなって、茎も全部倒れるくらい一気にしおれたとしたら、それは水切れだと思う。
花が増えてくるとすごく水を欲しがるようになるので、寒さでほかの植物の水やりを控えるようになるこの時期、同じペースで水をやっていると、すぐぐったりしてしまう。

それ以外でも、多少「なんか元気ないな?」と思うときはあったけど、色も綺麗で花も順調に咲いていれば、結構そのうち回復する。ガーデンシクラメンって強いんだなーと思った。
花も割と一気に咲くので、一段落すると次が咲くまで寂しい状態になることもある。
上の写真だと、いま左の花は満開だけど、右はこの間までたくさん咲いていたので、今は花数が減っている。
でも、根元を見るとつぼみがたくさんあるので、もう少ししたらまた咲き始めるはず。

病気のほうでは、去年私が悩まされたのは、とにかく灰色かび病。
なるべく雨のかからないところに置いたけど、100%避けるのは無理だし、水やりは球根にかからないように…って本には書いてあっても、球根が見えるように浅植えにしてあれば、水をやったとき一時的に水につかった状態になると思うんだけど、どうなんだろう?
とはいえ、通常だったら水やりくらいでは平気なんだけど、雨が続いたあとには、根元のところにかびが出てしまうことがときどきあった。
春になって気温があがり、シクラメン自身も冬中咲き続けて疲れてきた頃に増えるので、今の時期はまだそれほどでもなかったけど…。
でもこれも、病気の出たときにベンレートとか薬をかけはしたけど、とにかく根元を乾かすようにすることで、割と治ってくれる。

我が家の場合、今年は置き場所を確保できなくて雨ざらしの場所に置いてあり、秋の長雨にも思いっきり当ててしまったけど、株が育ったせいか今のところは病気は出ていない。

あと、雨にあたると花に斑点が出てしまうときがある。
灰色かび病でも点は出るそうなので気になったときは花を取ってるけど、少しだったら気にしなくてもいいような気がする。

これからの時期、淡々と咲き続けてくれるのでつい存在を忘れそうになるくらいだけど、手間のかからないいい子なので、いろんなおうちでたくさん咲いてくれるといいなあ。


にほんブログ村 花ブログへ
秋に植えたジニアのハンギング。
もう11月後半というのに、まだまだ元気に咲いている。
でも、ビオラのハンギングのほうも育ってきたので、場所を譲って、ジニアは別のところへ移動した。

jinia2.jpg
ビオラのピーチジャンプアップとビーコンが架けてあるところの横なんだけど、ほぼ紫のところへ明るい色が来たので、ぱっと華やかになった。
ジニアが終わっちゃうと、また寒々しくなるかな。ビオラももう少し暖かい色味にすればよかったかも…。

ジニアは花の形がいつまでも崩れないので、いつごろが花の終わりなのかよくわからない。
それでずうっとそのままにしてあるせいか、茎がずいぶん伸びてしまった。バランスもなんだか右に偏ってる。
でも、これからは左側から日が当たるから、左にもうちょっと寄ってきてくれるかな?


にほんブログ村 花ブログへ
パンジーとビオラのハンギングがそれなりに咲いてきたので、今まで地面に置いてあったものを玄関前にディスプレイすることにした。

hanging7.jpg
下のほうが綺麗に緑でおおわれていないのが気になってたけど、吊るしてみるとそこはわからない程度に隠れるのでよかった。
バスケットの上のふちがまだちょっと見えちゃっているのは、多分もう少しビオラが育てば目立たなくなると思うので大丈夫。

下の写真は、ようやく咲き始めた「よく咲くスミレ・クランベリー」。
sumire3.jpg
咲くのは遅かったけど、つぼみはたくさんつけているので、これからどんどん賑やかになってくれると思う。


にほんブログ村 花ブログへ

シンビジウムの花芽のうち、ひとつだけがするする伸びている。

ran3.jpg
つぼみの数はちょっと少なめなのかな?
でも、順調そうなので嬉しい。

今のところ、芽は全部で6つあって、花芽が4つ、小さくて花になるか葉になるかわからないのが2つ。
結構華やかになりそうかも。


にほんブログ村 花ブログへ
green5.jpg
これは、ホウキ草のアップ。
目のさめるような赤さが綺麗。
もうかなり枯れこんできちゃったので、この色も長くはなさそうだから、改めて写真に撮った。
茶色く枯れた姿も、それはそれで秋の風情でよさそうだけど…そのまま置いておいたら、やっぱり寂しいかな?


にほんブログ村 花ブログへ


ミニバラやビオラ以外で今咲いているのは、このあたり…

stera.jpg
ステラ・コスモライラック。
夏にハンギングにして傷んでしまったものが、ようやく元気になって花を咲かせ始めた。
春になったら、たくさん茂ってくれるかなあ。
綺麗な色なので、できれば大きく育てたい。

calen8.jpg
カレンデュラ・コーヒークリーム。
完全に復活して、今次々に花が咲いている。
貧弱だった花も、ここまで元気になってくれれば、まあいいかな。
できれば最初のように、もっと花びらが増えてゴージャスなほうがいいけど…これも春に期待しよう。

sikura5.jpg
ガーデンシクラメン。
我が家の花で、今いちばん元気なのはこれ。
花もつぼみもいっぱいあって頼もしい。
一度、茎に1cmくらいのヨトウムシがくっついていてびっくりしたけど、それ一度きりで特に被害もなさそうなのでよかった。
ヨトウムシって初めて見たけど、それまで「家ではオルトランもまいてるし、いないはず」と思い込んでいたのでショックだった。
でも私にしては、そのサイズでも虫に冷静に対処できた自分が、成長したな~と思う。去年までは、たとえ1mmでも怖くて近づけなかったのに。
(とはいえ、やっぱりもう出会いたくないけど)

あ、あとはジニアもまだいっぱい咲いている。
写真とるのを忘れてしまった…


にほんブログ村 花ブログへ
ベビーロマンティカは、だいぶつぼみが大きくなってきて、中には少し花びらが見え始めたものもある。

baby4.jpg
つぼみは全部で6つ。
咲かせないほうがいいんだよな~と見るたびに思いつつ、思い切れずにここまで来てしまった。
せめて、咲いたらなるべくすぐに切ってあげよう。

それから、ここに来てまたたくさんの花をつけているグリーンアイス。

greenice11.jpg
写真に写っている以上につぼみがあるので、全体に真っ白に咲いてくれそう。
葉っぱは結構調子悪くて、黄色くなっちゃってるものも多いんだけど、それにも負けずいっぱい花をつけてくれて、今年ずいぶん楽しませてもらったなあ。
今ついているつぼみが咲ききったら、本格的に冬越しの季節。
初めての剪定と植え替えになるので、がんばろう。


にほんブログ村 花ブログへ
かなり前から咲き続けている、アンドレア・パレードの花。
andrea6.jpg
買ってきたとき紫だったとは思えないような、くっきりしたピンク色になってしまっている。

こちらは、まだ開きかけ。
日に当たらない部分は色が薄いので、やや紫の名残があるかな~?と、いえなくもない…というような色。
andrea7.jpg
秋の花は、ぽつぽつと1輪ずつ咲くような感じ。
来年は、もっとたくさん咲かせられるといいなあ。


にほんブログ村 花ブログへ
いちばん始めに植えたビオラは、今こんな感じ。

viola18.jpg

viola19.jpg

viola20.jpg
だんだん賑やかになってきた。
ピーチジャンプアップは、一枚目の写真の株と3枚目の写真の株では、色合いも顔もほんの少し違っている。

そしてこちらは、パンジーとビオラのハンギング。

viola21.jpg
こう見るとだいぶ葉が茂ってきた感じだけど、実は下のほうがまだまだハゲている。
時々向きを変えて置いておいたりして、全体に丸くなるように気をつけているんだけど、なかなか思うような方向には伸びてくれない。

そのほか、最近咲き始めたのはこのくらい。
viola22.jpg
ナチュレ・フロスティーローズ。
深みがあって、すごく綺麗な色。

viola23.jpg
ピュアホワイト。
これはまだまだ小さい株なんだけど、摘芯後初めての花がひとつだけ咲いた。


にほんブログ村 花ブログへ
anemone2.jpg

ついこの間芽が出たばかりのアネモネが、どんどん葉を茂らせている。
今からこんなに元気で、冬は大丈夫なのかな~。
写真の上のほうは、ブルーデージーのちょっと枯れこんでる部分が濡れて汚く写ってしまった。
でも、こちらも元のほうから少しずつ小さい葉が出てきているので、春にはまた綺麗になってくれると思う。


にほんブログ村 花ブログへ
green4.jpg

先日植えつけたホウキ草が、ようやく赤くなってきた。
夫が「遅すぎた…」ってがっかりしていたので、紅葉が見られてよかったよかった。
ただ、この写真でもよく見るとわかるけど、裏側はすでに枯れてきているので、この赤さがいつまでもってくれるか…。


にほんブログ村 花ブログへ
そろそろ寒くなってきたので、シンビジウムを家の中に入れることにした。
床に置くと間違いなく猫に食べられてしまうので、背の高いスツールの上に置いた。
置いたのは和室なんだけど、これだけでなんだかすごく生活感あふれる家になってしまったというか、年配の人の家みたいな落ち着きが出てしまったというか…(笑)

ran2.jpg

もらいもののシンビジウムで、正直蘭には興味なかったのでもてあまし気味だったんだけど、花芽がついてるのを見たら楽しみになってきたので、初めてちゃんと蘭の育て方を調べてみた。
シンビジウムは、蘭の中でも育てやすいものらしい。よかった。
花芽と一緒に葉芽も出てくるので、それは芽かきをするということらしいけど、葉芽らしきものは見当たらない。
これは花だろうというのは4つくらいあるんだけど…そういうことってあるのかな?


にほんブログ村 花ブログへ

植えつけたときムーランルージュに咲いていた花は、摘んで部屋に飾ってある。
すごく繊細で可愛いので、見慣れたパンジーと同じ花とは思えないくらい。さすがイタリア貴族がつくった花!(笑)
花びらの色は本当にごくごく淡いパステルカラーで、なんとか写真にとろうと思うんだけど、どうしても綺麗に写せない。
なるべく見たままの色にしたいと思って補正をかけたけど、それでもうまくいってないな…

muran2.jpg

muran3.jpg


にほんブログ村 花ブログへ
この冬に植えるものはもう打ち止め…のはずだったんだけど、先週末にホームセンターでみかけたパンジー<ムーランルージュ>に一目ぼれしてしまった。
この品種は、雑誌なんかで最近よく見かけていたけれど、その時点では全く興味はなかった。
でも、実物を見たらとっても可愛い。
どれにするか決めかねて、結局買ったのはこんな感じ。

muran.jpg
ムーランルージュ<キャンティー>×2
ムーランルージュ<パステル>×2
プミラ<サニーホワイト>

<キャンティー>は絞り咲きのはずなんだけど、まだ置いてある苗のほとんどが咲いてなくて、何色なのかわからない。
でも、かろうじて咲いてるものを見る限り紫系の花が多かったので、買ったのも多分そうじゃないかと思う。何色が咲くかわからないのもちょっと楽しいので、あえてつぼみも全くないのを選んでみた。
<パステル>のほうは全体に咲き始めていたので、ひとつは薄い水色、もうひとつは薄いピンクにした。本当に淡い色なので、この写真ではとんでしまっていてちょっと残念。
摘芯も、パステルのほうは割りと背が高いのである程度できたけど、キャンティーは見た目より未熟なのか節の間がせまく、あんまり切ると葉っぱがなくなってしまいそうで、ほとんど摘芯していない。
ムーランルージュは晩生だそうだから、花が咲き出すのはまだまだ先かな~。

ちなみに、一緒に植えたプミラは初めて買ったんだけど、何も考えずに見た目で買ってしまい、植えたあとになってタグの裏を見たら「耐寒性はあまり高くないので…」と書いてあった。
思い切り戸外で育てるつもりなんだけど、冬を越せないかな?一応、北風は避けるつもりではあるけど…。


にほんブログ村 花ブログへ
この間球根を植えたアネモネの芽が出てきた。

anemone.jpg
球根はひとつしか植えてないのに芽は10個以上あるので、最初は違う雑草かと思った。
出てきたと思ったら、日に日に育つのでちょっとびっくり。
この写真は、発芽から4日目くらいのもの。この調子でぐんぐん育ってくれるといいなあ。


にほんブログ村 花ブログへ
夫が買ったホウキ草(コキア)。

green3.jpg
前から「いいなー」と言っていたけど、買おうと決意するのが今になってしまって、今からではちゃんと紅葉するかどうかちょっと微妙。
少しずつ赤くなってきてるとは思うんだけど、端から枯れ始めている部分もあるので、紅葉するのが早いか枯れるのが早いかという感じ。最近急に気温が下がってしまったのがちょっと心配なところ。


にほんブログ村 花ブログへ
チューリップ<アンジェリケ>13球と<シャーリー>5球を植えつけた。
アンジェリケは、もともとそんなに買う予定じゃなかったんだけど、20球入りの袋がとても安かったので、つい買ってしまったもの。去年植えてとても可愛かったので、今年はたくさん植えたいと思ったのは確かだし。
もっとも、安かったせいか1球はダメになっちゃってたので、最終的に植えたのは(ほかの鉢に植えたのも含めて)19球だけど。

tulip6.jpg
左右に植えたのは紅葉カルーナ。
夏にペチュニアと一緒に植えてあったんだけど、蒸れて下葉が全部枯れてしまい、今もかなり貧弱なので、うまく根付いてくれるかどうか心配。
本当はそろそろ黄色く紅葉するはずなのに、今のところそんな気配もないし…

ともあれ、これで手元にある球根や苗は、全部植えたことになる。
これから春までは、ひたすら水やりと花がら摘みに明け暮れる予定。


にほんブログ村 花ブログへ
やっと黒星病がおさまったばかりの我が家に、また一本バラを増やしてしまった…。

mimi.jpg
ミミエデンの大苗…なんだけど、大苗といってもこんなふうに、新芽がたくさん出ている。
調べたら、この時期はまだ早すぎるので、大苗は完全にバラが休眠している時期になってから買うのがよかったみたい。
しかも、ミミエデンはうどん粉病になりやすいので有名な品種だとか…うーん、これは苦労することになるのかなあ。
なるべく、薬は使う頻度を減らしたいんだけど…とりあえず今のところはうどん粉の様子もなく(すぐそばに置いてあったポット苗のビオラがあっという間にうどん粉病になってしまったので、ひやっとしたけど)、元気でいてくれるので、このまますくすく育ってくれることを願っている。


にほんブログ村 花ブログへ
一ヶ月ほど前に植えたジニアのハンギングが、ちょうど満開になっている。

jinia.jpg
でも3色植えのはずなのに、白い花が咲かないなあ。
もう少ししたらビオラに交代する予定だけど、このぶんじゃまだまだ咲いていてくれそう。
どうしようかな。


にほんブログ村 花ブログへ
黒星病は、気温が下がってきたせいか、ようやく治まってきた様子。

ミニバラには、まだところどころ少し残っているけど、問題のベビーロマンティカは、新芽を次々に出してくるのと同時に、病気の葉っぱを取っていったら、結局すべてが新しい葉に交代してしまった。

baby3.jpg
新芽には、今のところ病気は出ていないようなので一安心。
こうして写真を見るとスカスカしてて頼りないけど、これでも一時に比べればだいぶふさふさと葉が茂ってきている。
結局、あれほどひどく葉を落としたのは、この家に来て環境の変化についていけなかったからなのかなと思う。家に来て一ヶ月。ようやく慣れてきたってことかも。
今出ている芽は冬には剪定しなくちゃいけないようだけど、それでも元気になってくれるのは嬉しい。
しかも、今朝気がついたらつぼみもいくつかつけてきている。
株のためには摘んだほうがいいのかな?
でも、咲かせてみたいなあ。


にほんブログ村 花ブログへ
グリーンアイスの花は、咲き始めはこんな色。

greenice8.jpg
ごくごく淡い桜色をしている。

greenice9.jpg
少したつと、こんな風に真っ白に変わる。花びらも開いて元気いっぱい。
この状態がとても長く続く。

greenice10.jpg
そして、気がつくといつの間にか全体的に薄く緑色がかってくる。

花保ちがいいので、ひとつの鉢に3色が同時に咲いていることもよくあるので、ちょっとお得な感じ。



にほんブログ村 花ブログへ
ビオラやパンジーは、すべて植えつけて写真を撮ったあとに、摘芯している。
それが、少しずつ咲き始めたので、今日はその写真を……

viola14.jpg
ピーチジャンプアップ。
以前は興味のなかった色合わせだけど、今年はなんだか可愛く思える。

viola15.jpg
ピンクアンティーク。
ちょっと複雑な色味のピンクが素敵。

viola16.jpg
無名のビオラ・赤。
最初の花だからか、少し貧弱かな。これからに期待。

viola17.jpg
無名のビオラ・白。
安かったせいか、植わっていた土が粘土のようにべったりしていて、ちょっと心配した。
でも、どんどんつぼみをつけてきているので大丈夫みたい。


にほんブログ村 花ブログへ
また、ビオラとチューリップ、ムスカリの球根を植えた。

viola13.jpg

紙プランター(今回初めて買ってみた)には、ビオラ<ピュアホワイト>3株と、チューリップ<ウィローサ>6球、<ホライゾン>5球。
ウィローサとホライゾンは、共に赤と白の八重咲きなので、もしかしたら見分けがつかないかもしれない。
でも、もともとウィローサをもう少し買い足そうと思って行ったお店に同じものがなくて、代わりに買ったのがホライゾンなので、似ていてもかまわない。違いがあったとしても、それはそれでいいし。

隣には、4連パックで買って1株余っていたビオラ<ピュアホワイト>の周りに、ムスカリ<ラティフォリウム>を7球。その奥の鉢にムスカリ<ラティフォリウム>だけ8球。

このビオラは、週末に買ったけどその日に植えられず、パックのままで一週間置いておいたら、なんとうどん粉病にかかってしまった。ほかの鉢のそばに置いたので日が当たらなかったのか、徒長気味だし…。
植えたあと、短く切り詰めたり、薄めたお酢で葉をふいたりしたので、株が傷んでしまっていないか心配。


にほんブログ村 花ブログへ
春に葉が出たリコリス・スクアミゲラ。
結局、その後葉っぱは枯れて、その後花芽が出ると思っていたのに何の音沙汰もなかった。
それが、ここへ来てまたもや葉が出てきてしまった。
これからどんどん寒くなるのに、どうなるんだろう?
とはいえ、止めることもできないので、見守るしかない。
この気まぐれさが、この子の個性なんだろう。

licolis2.jpg


にほんブログ村 花ブログへ
* HOME *
Brush by BrownBetty 

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。