まったくのガーデニング初心者、りむのコンテナガーデン覚え書き。
プロフィール

りむ

Author:りむ
FC2ブログへようこそ!

わんことにゃんこ
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
おきゃくさま

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070923135522
昨日買ったガーデンシクラメンを、一回り小さい鉢に植え替えた。
花にとっては、頻繁な環境の変化でちょっと酷だったと思うけど、うまく根付いてくれるといいな。
スポンサーサイト
20070922184436
特に白いほうが、次々に花をつけてくれてる。
たまに葉っぱがちょっとかじられてて、虫が大嫌いなのでドキッとするけど、こおろぎとかカメムシを見かけることがあるのでそのせいらしい。そのくらいなら、多少は見逃してあげてもいいや。カマキリがいたりもして、私の代わりに虫退治してくれてるようで頼もしい。
20070922183849
この間植えたハーブのうち、ラベンダーが枯れてきちゃってる。水もやりすぎないように気をつけてたんだけど、暑さのせいかなあ。
20070922183602
ガーデンシクラメンとヘデラ・ミニホワイトワンダーの寄せ植え。
完成写真は、暗くなってしまったので撮れなかった。土も少し足りない気がするので、明日やり直してから撮ろうと思うけど、再度植え替えたりしても、大丈夫なのかな?
結局、あまりにも台風の雨風がひどいので、鉢は2階の猫立ち入り禁止の部屋に入れた。
ここは普段私の使わない部屋なので、植物の存在を忘れがちで、過去にもミニバラやポインセチアを枯らしている。なので、あまり使いたくなかったんだけど(いちいち2階に運ぶのも面倒だし…)、今回は特別。

ところで、日々草は「水のやり過ぎに注意」とネットで見たので、日曜に植えたとき以来水やりを控えて様子を見てきた。水をやるのは、一般的に「鉢の表面が乾いたら」ということのようなので、土が白っぽくなるのだろうと思っていたんだけど、そんな様子もなく、素人の悲しさで触ってもよくわからない。
水曜の朝、さすがに今日は水をやろうと思って起きたら雨が降って、葉が濡れていたので、水は足りていると判断して軒下に鉢を置いて出かけた(そのときは花は元気だった)。
夜見ると、いきなり白い花をつけているほうの株がぐったりしている。雨が吹き込んだらしく、また葉が濡れていたので、雨で弱っちゃったんだ!と思い鉢は家に入れたものの、あえて水はやらなかった。
木曜も同じ状態で、葉は全部左右が丸まってしまっている。しおれているのはわかるけど、これは水が多すぎるのか足りないのか?
とりあえずそのまま出勤したけれど、出かけてから、やっぱりあれは水切れだ、と思い当たり、夜帰宅後に遅ればせながら水やりをした。外は嵐だというのに…。
そうしたら、数時間でみるみる元気に!死なせなくてよかった…。
いくら乾燥に強いといっても、この時期3日も水をやらないのはよくないらしい。

20070907091525
これが…

200709070915252
回復!
一応、出勤前に鉢は軒下に置いたけど、風が強いと濡れてしまう。かといって家に入れると猫がかじるし…。
植え付け直後に台風が来るなんて。帰ったら様子を見てみよう。
消化促進・防腐・神経安定・老化(酸化)防止 使用部分は葉、茎、花。

乾燥を好み、過湿を嫌う。
日当たりのよい場所を好むが、半日陰でも大丈夫。
耐寒性なので、冬も屋外で越せる。
秋に一度刈り込んで、風通しをよくしておく。
生育が旺盛なので、鉢植えの場合は1,2年に一度植え替えをする。植え替えは、真夏と真冬以外ならいつでもよいが、新芽の伸びる4月頃が最適。

肥料は、10日に一度ほど液体肥料をやる。
シソ科ニガクサ属。
ウォールジャーマンダーの近縁種で、タイムとは別。
香りは猫が好む。花は薄紫色。

日当たりのよい場所に置き、鉢土が乾いたらたっぷりの水を与える。
過湿を嫌う。
マダガスカル原産。別名ビンカ。
非常に乾燥に強く、夏に花が咲く。
日本では冬に枯れてしまうため、一年草として扱われる。
タネまきは4月下旬以降に。

過湿を嫌うため、水やりは表面の土が乾いてから、たっぷりと。
鉢は日当たりのよい場所におく。
植え付け時に粒状の化成肥料を土に混ぜ込み、つぼみが開き始める頃に株元に化成肥料をまく。夏の間は週に1回液体肥料をやる。
別名・ナツズイセン。
通常7月頃に植え、8月上旬~お盆に花が咲く。
咲くときと咲かないときがある。
花が咲いたら切って、切り花にしたほうが翌年咲きやすいとも。
翌年春に葉が出て、それが枯れた頃(夏)が植え替え時。
数年は植え替える必要はないらしい。
球根が猛毒なので、虫はほとんどつかない。

日当たりのよいところに植え、少し感想気味に育てる。
庭では深さ5~10cm、株間15~20cm、蜂植えでは4~5号鉢に1~3球。
少し窮屈なほうが花がよく咲く。
元肥として堆肥や化成肥料。追肥として、春と秋に化成肥料。
窒素の多い肥料は球根が腐りやすくなるので避ける。
20070902165641
写真を見ると、ピンクの花が咲くらしい。
早速小さい蜘蛛が鉢についてる。
うまく芽が出るといいなあ。

→鉢の写真を載せようと思って、間違えて球根のラベルの写真をupしてしまった。
でも、鉢だけよりもこっちのほうが花の様子がわかっていいかもしれないので、そのままにしておこう。
20070902165446
白とピンク、一株ずつ。
日々草は買う予定じゃなかったので、どういう特徴があるのかわからない。
とりあえず元気でいてくれればいいや。
20070902165254
キャットタイム、ラベンダー・ロイヤルパープル、ローズマリー・ブルー。
虫がつきにくく乾燥に強いものでまとめてみた。
20070902164915
お向かいから頂いた鉢。
枯れかけたので、夏の間実家に預かってもらっていた。
* HOME *
Brush by BrownBetty 

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。